平成26年度 学校経営の基本方針


新得町立富村牛小中学校

Ⅰ 学校経営の基底

北海道教育の基本理念、十勝管内教育推進基本方針、新得町教育目標、新得町教育行政執行方針を踏まえ、学校教育、学校経営にかかわる法令に基づいて本校の教育目標の具現化に努める。

【北海道教育の基本理念】

◇自然豊かな北の大地で、自立の精神にあふれ、夢や希望の実現に挑戦し、これからの社会を担う人を育む→『自立』

◇心豊かに、ともに支え合い、ふるさとに誇りを持つ人を育む→『共生』

【十勝管内教育推進基本方針】

◇確かな学力、豊かな心、健やかな体の調和のとれた育成

◇家庭や地域の協力を得た十勝らしい教育の充実

≪推進の重点≫ ○学力の向上  ○豊かな心と健やかな体の育成  

○信頼される学校づくり  ○十勝らしい一人一人の学びの実現

【新得町教育目標】

◇ふるさとに 生命かがやき 学びの輪

【新得町立富村牛小中学校の教育目標】

◇たくましく実践力あふれる子どもの育成

   ○よく考え、進んで学ぶ子ども(知・真)

   ○なかよく、力を合わせる子ども(意・労)

   ○健康で、明るい子ども(体・情)

Ⅱ めざす学校の姿と経営の重点・方針    『確かに育て 積極的に開く学校経営』

 1 教育経営

【めざす学校の姿】

 ■教育経営にかかわる説明責任を積極的に果たす校長

 □「わからない」「できない」という児童生徒の正直な声を大切にする教師

 □各教科等の目標や内容を踏まえた授業を展開し、児童生徒一人一人のよさや可能性を積極的に伸ばす教師

 ○はっきり返事ができ、明るく挨拶ができ、自ら質問できる児童生徒『頭が元気』

 ○善悪の判断ができ、いじめを看過せず、他を思いやり、命や心を大切にする児童生徒『心が元気』

 ○ときには辛抱したり我慢することができ、健康や安全に気を配って自ら心身を鍛える児童生徒『体が元気』

【経営の重点】

(1)基礎・基本の確実な習得とそれを意欲的に活用する態度の育成

(2)道徳的実践力の向上と健康・安全、体力づくりの習慣形成

【方針】

 ・学習指導要領に基づく確かな教育課程の編成、実施に努める。

 ・個に応じたきめ細かな学習指導により、学力の向上に努める。

 ・家庭や地域と一体となって、命や心を大切にする教育の充実に努める。

 ・保護者や関係機関と連携して、健康・安全教育の充実と体力向上に努める。

【方針にかかわる具体策】

≪確かな教育課程≫

 ・各教科等における授業時数の確保と目標や内容を踏まえた指導の徹底

 ・教育課程にかかわる情報の積極的な発信

≪学力の向上≫

 ・学校が一体となって取り組む組織的・継続的な学力向上の充実

 ・縦の接続(保小中)と横の連携(同規模校・隣接町村校)の積極的な活用

・「全町教育」を基盤とした学校支援ボランティア等の積極的な活用

≪命や心を大切にする教育の充実≫

 ・道徳の授業の積極的な公開と「私たちの道徳」の効果的な活用

・地域と連携した「ふるさと学習」の推進

・学校、家庭、地域の一体感ある教育の推進(「地域教育地図」の活用)

 ≪健康・安全教育の充実と体力の向上≫

  ・交通安全教室、避難訓練(地震・火災)、薬物乱用防止教室の充実

  ・水泳、スキー学習を始めとした年間を通した体育教育の充実

 2 教育機能

【めざす学校の姿】

 ■内外に開かれた学校経営を積極的に推進する校長

 ■危機対応の最前線に立ち、学校を組織体として機動する校長

 □児童生徒・保護者・地域からの問いに対し、確かな説明や返答ができる教職員

 □事故や緊急事態が発生した時には、組織的に素早く対応できる教職員

 □教育公務員特例法の趣旨を踏まえ、研修の成果を授業や学級経営等に生かすことができる教師

【経営の重点】

(1) 保護者・地域から信頼される開かれた学校経営の推進

(2)指導力の向上に結びつく開かれた研修の推進

【方針】

 ・学校運営情報提供義務を積極的に果たすとともに法令遵守の徹底に努める。

 ・スピーディーで確かな初期対応に努める。

 ・積極的に授業を公開し、自校職員以外からの指摘や指導・助言にも耳を傾け、実践的な指導力の向上に努める。

 ・教職員研修にかかわる保護者の理解が得られるように努める。

【方針にかかわる具体策】

≪学校運営情報提供義務と法令遵守の徹底≫

 ・学校経営の基本方針、学校運営の自己点検結果、学校評価の結果、教育課程実施状況等の公表

 ・教育課程の管理、学校経理、学校情報の管理、服務規律等の徹底

≪スピーディーで確かな初期対応≫

 ・マイナス情報のスピーディーな報告と全職員の共有

 ・学校として動く組織的な初期対応の展開

 ・予見力、初期対応力、事後対応力の向上を図るタイムリーな「危機対応研修」の実施

≪実践的な指導力の向上≫

 ・各種研究会、研修センター講座、学校教育指導訪問、在局指導等の活用

 ・児童生徒、保護者、保育士、地域住民から率直な声を聞く機会の充実

 ≪教職員研修にかかわる保護者の理解≫

  ・保護者に対する研修情報の積極的な発信