上富村牛小中学校について

 本校は、戦後十勝川上流開発の一環で上トムラウシ開拓地に入植した、開拓民からの要望の高まりを受け、昭和28年11月20日、富村牛小学校上富村牛分校として児童数12名をもって発足しました。
 また中学校は昭和31年に富村牛中学校上富村牛分校の設置が認められ、生徒数12名をもって開校、翌年上富村牛中学校として独立しました。
 開校当時は学校用地も原始林伐採跡地内にあり、大径木の木株や寝木などが散在するままであったため、校舎周辺整備や運動場造成、火薬抜根に地域住民の絶え間ない奉仕が続けられました。
 昭和37年には十勝岳噴火の降灰により、住民全員が屈足地域に一時避難する出来事もありましたが、長く地域の中心的役割を担ってきました。
 しかし昭和47年の小学校開校20周年を峠に、離農などの影響もあり在籍児童生徒数が減少、昭和51年に富村牛小中学校に統合し23年の歴史を閉じました。

小学校設置 1953(昭和28)年11月20日  富村牛小学校上富村牛分校として
中学校設置 1956(昭和31)年 4月     富村牛中学校上富村牛分校として
閉校    1976(昭和51)年 3月21日  富村牛小中学校に統合

歴代学校長

第1代 笛木 音七 昭和29年4月~昭和33年3月
第2代 小野井裕一 昭和33年4月~昭和37年3月
第3代 鈴木 義男 昭和37年4月~昭和51年3月

上富村牛小中学校校歌

                      柳谷実智博 作詞
                      大森  清  作曲
一、みなもとここに 十勝川
  きれいな流れ なつかしく
  はげましあって 手をつなぎ
  楽しい学びや 上トムラウシ
  広い心を育てます

二、青空たかく 大雪山
  仰げば あすの夢がわく
  いつも仲よく ひとすじに
  あかるい学びや 上トムラウシ
  豊かな智識 みがきます

三、雪ふりつもる 開拓地
  山なみ深く 風わたる
  明るい希望 はつらつと
  伸びゆくまなびや 上トムラウシ
  強いからだを きたえます

上富村牛小中学校の沿革

 年度 できごと
1953(昭和28)年度 富村牛小学校上富村牛分校として開校。
1954(昭和29)年度 地域内中学生8名のための自習室を併設。
1955(昭和30)年度 上富村牛小学校として独立。
1956(昭和31)年度 富村牛中学校上富村牛分校発足する(生徒12名)。
1957(昭和32)年度 上富村牛中学校として独立。校舎148.5平方メートルと教員住宅を新築。
1961(昭和36)年度 簡易水道敷設。
1962(昭和37)年度 7月3日、十勝岳噴火による降灰のため、全員が屈足市街地へ避難。
8月21日まで、屈足高等学校を仮校舎として授業を行う。 
1963(昭和38)年度 特別教室、給食室新設。パン焼き器を設置し、完全給食の体制が整う。
1965(昭和40)年度 屋内体育館及びへき地集会室新設。
校舎東側に「大原始林開拓苦闘碑」を建立(第3代校長・鈴木義男 揮毫)。 
1967(昭和42)年度 12月25日、農村電化完成により、通電式を行う。
1972(昭和41)年度 小学校開校20周年記念式典挙行。
1972(昭和47)年度 中学校開校20周年記年式典挙行、記念誌発行。
1973(昭和48)年度 富村牛小中学校と、十勝管内で初めて集合学習を開始。
1976(昭和51)年度 上富村牛小中学校閉校、富村牛小中学校に統合。
   
   
   

(『新得町史』より)